VOL.26 Patricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)

PatriciaUrquiola

2015年からCassinaのアート・ディレクターを務めるパトリシア・ウルキオラ。彼女がデザインした「BOWY(ボウイ)」ソファ&テーブルの日本発表を機に、今年6月に青山本店でトークイベントを行いました。インタビューでは、現在の彼女の仕事のベースをなっていることについてお話を伺いました。

建築・デザインを志したきっかけは何ですか?
好奇心旺盛で算数、数学に強かった私は子供のころから建築家になりたいと思っていました。 やがてマドリッド工科大学で建築学を学ぶと、自らの暮らし慣れた環境から抜け出しミラノ工科大学に進学し卒業をするに至りました。 ミラノ工科大学の建築学のコースは母国のそれとは大きく異なり、工業デザイン的要素が多く盛り込まれていた為ごく自然にそれらの要素が私の建築のバックグラウンドに溶け込んで行く形となりました。 ミラノ工科大学で私はアキレ・カスティリオーニと出会い、彼は私のメンターでもありゼミの教授でもありました。 彼のクラスは信じられないくらい独創的で、毎回いろいろなオブジェの入った大きな袋を携えてはクラスに入って来て、皆でそれらのフォルムや人間の体がどう関係するかなどを話し合いました。 人知や雑学を以て様々なオブジェに命を吹き込んだのです。
Please tell us the main stimulus that have led you to study Design and Architecture?
I wanted to be an architect from when I was a child, I was very curious and good at math. I then studied architecture at the Madrid Polytechnic, but soon felt the need to step out of my comfort zone and so moved to Milan to finish my studies at the Politecnico di Milano. Here the architecture course was very different, it included a lot of industrial design, so this naturally mixed into my architecture background. At the Politecnico I met Achille Castiglioni, he was my professor and my thesis mentor; his classes were incredible, he would arrive with a big bag of objects every time and wewould talk about their form, the relationship with the human body, the layers of popular knowledge that gave life to incredible objects…
もの作りをする上でベースとなるコンセプトは何ですか?
アキレ・カスティリオー二は、彼の言葉を借りるならば、常にプロジェクトの”基本的要素“を打ち立てるよう私に指導しました。 プロジェクトの過程においては失敗をしたり、ある面妥協を強いられたりしながら迷うこともあります。しかしながら基本的要素が何であるかを見極めることができていれば決して本来の道から逸脱することはありません。 彼の言葉は常に私の頭の片隅にあり、すべてのプロジェクトの礎であり続けていると言っても過言でなく、私が手掛けるプロジェクトを利用するであろうユーザーと積極的に関わって行くスターティングポイントにもなっています。 現在協業しているブランド各社とは常に研究開発の限界を超え、より素晴らしいデザインや建築を目指すことができるよう努力を重ねています。これこそが私の仕事の価値や範疇を決める根本的な要素なのです。
What is the most important Concept that serves as basis of your creations?
Achille Castiglioni taught me to always establish the “fundamental element” of a project as he used to call. It is the main element that each project is based on. Through the process you can make mistakes, you can compromise certain aspects and you can get lost; but the fundamental element always keeps you on track. His words are always on mind and they serve as a basis on all my projects, a starting point to building an empathic connection with the user that will eventually interact with my projects. Together with the brands I collaborate with we always strive to push the limits of research and technology to constantly move towards better design and architecture; this is a fundamental aspect to my scope of work.
今の自分に大きな影響を与えた出来事は何ですか?
若いころ私はとてもラッキーでした。まだまだ駆け出しのころから偉大なメンターと仕事をする機会を得ました。 まずは大学生の私に建築とデザインに関する概念を一新させ、後年一緒に仕事をする機会もいただけたアキレ・カスティリオーニ。 さらには実験することの重要性と間違いを犯すことの価値を教えてくれたヴィコ・マジストレッティとマッダレーナ・デパドヴァの二人。 彼らはいずれも私の長い旅路の中で極めて重要な存在であり、彼らから学んだことは今日現在まで大切に携え続けています。 私が現在自分の事務所を持ち、数多くの著名なブランドやデザイナーと仕事ができるのもすべてこれらの出来事や人々のおかげであると言えます。
What was the biggest incident that has influenced your existence?
I was very lucky when I was young, I had the opportunity of working with great mentors in my early years: Castiglioni obviously, who changed my take on architecture and design at university and whom I later had the chance to work with ; Vico Magistretti and Maddalena De Padova who taught me the importance of experimenting, the value of mistakes. They had a lot of significance in my journey and the things I learnt from them I still carry them with me to this day. If today I have my own studio and I work with some of the most important brands and designers it is also thanks to these events and people.
デジタルの表現にもチャレンジしていますが、その意図とこれからの展望は?
今現在私たちはデザインの重要な過渡期にいると信じています。 この業界の決まりきった法則をどう見直すか。その方法論を探り、デザインの仕方、素材のソーシングや工程を考え直す時期に来ています。 その進化の為にはテクノロジーが主要な役割を果たすものと考えます。 デザイン業界は私どもがどのような影響力を持っているか問いかけており、より一層複雑なデジタル、ならびに非デジタルなフレームワークの中へと突入していくのではないでしょうか。 私たちデザイナーの役割は自分自身への問いかけをすると同時に、世の中のニーズがどう進化しているかを理解し研究開発の将来的な可能性を探ることにあります。 これらは私たちが挑むべき命題であり、デザインならびに建築界の変容、進化、革新につながるものであります。
How do you see the digital aspects going forward in the area of design, interior and architecture? What would be your concrete intentions behind such challenge?
I believe that we are in the middle of an important moment of transition for design: we need to find ways to rewrite the rules of this industry, to reinvent the way in which we design, the materials we source, the processes we use, and technology will be a main tool for this evolution. The design industry is really questioning our sustainable impact and we will need to move within increasingly complex digital and non-digital frameworks; our role as designers will be above all to ask ourselves questions, to interpret the evolution of needs and the potential of research. Such questions are our current challenges: these will lead to change, evolution and innovation in the world of design and architecture.
新しいことにチャレンジしようとすると障害も多いかと思いますが、どのように乗り越えていますか?
変化や革新をもたらそうとする時には必ずと言っていいほど抵抗や壁に遭遇します。 重要なブランドの為にデザインをする際には様々な要素に考慮しつつ、ブランドのアイデンティティに敬意を払う必要があります。 CASSINAにおいては常にオープンマインドで技術と革新をとらえ将来を見据える一方でブランドの持つ伝統を大切にすることを念頭に置いています。 頻繁にアーカイブを紐解き、毎年ヒストリカルなアイテムを発表しています。今年発表したシャルロット・ぺリアンのMexiqueのバー・スツールやテーブルなどがその一例です。 その一方でデザインの世界がどのように変化し、サステイナブルな業界となるべくいかなる素材を採用しているかといったことにも目を向けています。
We believe that innovative challenges may meet obstacles and resistance. How do you overcome such difficulties?
Obstacles will always arise whenever you want to implement change and innovation. When one designs for important brands, there are a lot of factors to take into consideration and the brand’s identity needs to always be respected. With Cassina we always try to look to the future with an open mind to innovation and technology while keeping the strong heritage of brand. We often look to the archives and every year we represent historic pieces, like we did this year, for example, with Charlotte Perriand’s Mexique bar stools and tables. We also however, look to how the world of design is changing, how materials are adapting to the need for a more sustainable industry.
Mexique MEXIQUE bar stools and tables by Charlotte Perriand
Hayama HAYAMA Cabinet and bookcase by Patricia Urquiola
今日本で一番興味がることは何ですか?
私は日本に対し大いなる好奇心と敬愛の念を持っているのでいつも行くのが楽しみです。日本の文化や人はとても魅力的で、できることならもう少し時間を取ってきちんと回りたいとかねてより思っています。 過去においても日本は様々な私のプロジェクトのインスピレーションの源になって来ました。例えば2019年のミラノ・サローネでCASSINAから発表したHAYAMAというキャビネットもしかりです。
このキャビネットは、立体感と引き算の織り成すフォーマルなカットから生み出される“羽織”と同じ概念のもと開発されました。 この6月、第三回ロエベ・クラフト・プライズ賞のために渡日した折、日本の伝統工芸様々な手法を目にする貴重な機会を得ました。大賞に輝いた石川源太氏の作品は7世紀から8世紀の漆の伝統工法を使用しつつモダンでありながら日本古来の文化に彩られた秀作でした。
What interests you most at this moment within the Japanese culture?
I have great curiosity and admiration for Japan, I am always very happy to travel there. The culture and its people are fascinating and I have always wanted to take some time off to see it properly. In the past, Japan has served as a source of inspiration for various projects, most recently for the Hayama cabinet for Cassina that was presented during the Milan Design Week 2019. Just like a Haori, the cabinet was developed following a formal cut which plays on volume and subtraction. In June I traveled to Tokyo for the third edition of the Loewe Craft Prize where I had the privilege of admiring a range of media and modes of craftsmanship: the winner, Genta Ishikuza, used a urushi lacquer technique that originates between the 7th and 8th century, a wonderful piece of work that was both modern and embedded in the Japanese culture.
Patricia Urquiola
Patricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ) 1961年、スペイン、オビエド生まれ。マドリード工科大学、ミラノ工科大学で建築を学び、現在はミラノで活動。ミラノ工科大学で師事していたアッキレ・カスティリオーニなどのアシスタント講師を務め、ヴィコ・マジストレッティやピエロ・リッソーニのもとで様々なプロジェクトを経験してきた。2001年、自身のスタジオを開設。建築作品のみならず、世界的トップブランドのプロダクトやショールームのデザイン、インスタレーションなど幅広く活躍し、WallpaperやELLE DÉCORにおいてデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。2015年9月より、Cassinaのアート・ディレクターに就任。

 

お問い合わせ