(C) CASSINA IXC. Ltd.

SCROLL

.

HOTEL FORZA SAPPORO

 

HOTEL FORZA SAPPORO

物件概要 
所在地:北海道札幌市
インテリアデザイン : Cassina ixc.
開業:2020年8月
HP:https://www.hotelforza.jp/sapporo/ekimae/

01
札幌駅からすぐという好立地のビジネスホテル。エントランス、レセプション、ラウンジ、レストラン等共用部と客室のインテリアデザインを担当しました。九州で展開していたホテルフォルツァが全国展開していく計画の第一弾。今までのフォルツァとは異なる北海道らしい表現がしたいと思い、氷柱や雪、凍った湖といった北国の透明感を内装のテーマに決め、内装や家具のマテリアルや色の組み合わせを決めていきました。ラウンジにはカッシーナ社の家具を多種類混ぜて配置していますが、内装材と同時進行で早い段階で家具張地やクッションまで全て決めているので、ショールームのようにならずに空間に馴染ませることができたと思います。

02
氷柱(つらら)をイメージしたスワロフスキーのクリスタルは、光を透過しながらも視線を屈折させ、エスカレーターからの導線とラウンジ空間をやわらかく区切ります。上空からはらはらと振ってきた氷のかけらは、真下に積もりテーブルになりました。光学ガラスの透明感とランダムに入った気泡、エッジの丸みが、まるで本物の氷のようです。

03
北海道のホテルは朝食も重要。ワンフロア使ったレストランは、広いビュッフェを中心に、客席を2 ゾーンに分けたレイアウト。ここでは冬の湖の朝焼けをイメージし、壁とベンチソファのごく淡いピンクをベースに、モノトーンでまとめました。ひび割れた湖面の氷をイメージした床のパターンや、流氷のような白いビュッフェカウンター、朝もやのようなゴールドメタルのファブリックを挟んだパーティション、朝日を思わせる真鍮のブラケット照明など、全てテーマに沿って選んでいます。

アートは全て今回のイメージに合わせて制作しました。建材をアレンジし、素材感や色味、サイズを空間に合わせて特注した作品は、このホテルだけの特別なものとなりました。 ここにご紹介した以外にも、雪や氷や霜柱などに見立てたマテリアルがそこここに散りばめられていますので、ぜひ現地を訪れて見つけていただければと思います。


  • 概要
お問い合わせ