(C) CASSINA IXC. Ltd.

SCROLL

Tableware collection by Le Corbusier

CassinaとGinori1735の出会い

Ginori1735
CassinaとGinori1735の出会い

カッシーナは、ジノリ1735及びル・コルビュジエ財団と共同で、ル・コルビュジエによる最初のテーブルウェアコレクションを発表。デザインとイタリアのものづくりに深いルーツをもつ二つのブランドが出会ったことで、ダイニングエリアを完成させるすばらしいコレクションが生まれました。

SERVICE PRUNIER

1. ディナープレート 27cm
2. スーププレート 21cm
3. デザート/サラダプレート 20.5cm
4. スモールコーヒーカップ&ソーサー cc100ml, 12.5cm
※すべて2点セット

このディナーサービス(食器セット)は、もともとロンドンのプルニエレストランのために制作されたものを、ル・コルビュジエによる手描きの原画とともにオリジナルと同じ白い磁器で復刻したコレクションです。絡み合った手のモチーフはレストランに飾られたル・コルビュジエによるタペストリー「Les Mains」に描かれていたものです。ル・コルビュジエ自身、品質と味覚を組み合わせた「The taste of shape」と自ら表現したこれらの皿を使っていました。

COLLECTION CHANDIGARH

5. La Main Ouverte スクエアトレイ 33×33cm
6. Poisson ラウンドトレイ φ35cm
7. La Course du Soleil レクタングラートレイ 38×18cm

ル・コルビュジエの創作力にインスピレーションを得て、1950年代に彼が都市設計を行い現在は世界遺産となっているチャンディガールの建物の壁からとった浅浮き彫りのシンボルが装飾されたプレートです。彼の建築にも繰り返し用いられた平和の象徴である「開いた手」、丸いプレートには「魚」、長方形のプレートは「太陽の動き」を象徴しています。素焼きのマットな白磁で作られたこれらのプレートはシンプルなラインとミニマルな形状で、食卓のプレートにも、ディスプレイ用のオブジェとしても最適です。