(C) CASSINA IXC. Ltd.

SCROLL

.

412 CAB

イタリアデザイン界の巨匠、マリオ・ベリーニが1977年にデザインしたコンテンポラリーデザインの名作「CAB」シリーズのチェアです。カッシーナ独自の厳しい基準をクリアーした最高級の鞣し革は、使い込むほどに身体に馴染み、味わいを深めていきます。
CABは、人間の体の延長としてデザインされました。メタルのフレームにまるで手袋のようにフィットするサドルレザーは、紛れもなくカッシーナ社の卓越したクラフツマンシップによるものです。その構造的で有機的なデザインは長年にわたって賞賛されています。

LEATHER

マリオ・ベリーニのCABチェアは今日までに50万脚以上、年間何千脚ものペースで生産されていますが、レザーパーツが各々手作業による工程を経て縫い合わされ、椅子のスケルトンに張られていきます。それはさしずめテーラーメードのスーツを縫い上げるかのような見事な職人技と呼ぶにふさわしいものであります。CABはシンプルでありながら、幾多の複雑な工程がその裏に隠された、美的にも技術的にも完 成度の高いカッシーナならではのアイテムとなっています。

CAB STORY

1977年にマリオ・ベリーニによってデザインされたチェア。「家具の中でも最も複雑な構造、かつ古い歴史を持つアイテムが〈椅子〉なのかもしれない。それゆえに〈4本脚、座、背〉という極めてベーシックなイメージが広く人々の遺伝子の中に刻み込まれている。私は皆がごくシンプルにイメージする「椅子」を、ヒトの身体の延長線上にあるものとしてデザインすることを試みた。結果、骨格とも言えるスケルトンに厚革を伸ばして張り、人間の身体を柔軟に受け止める椅子が出来上がったのである」。キャブの誕生について、ベリーニは「自分のスタジオでデザインしたというわけではなく、カッシーナの開発部門に鉛筆1本持って行って創ったもの。カッシーナの2人のスタッフと切ったり貼ったりしてできあがった。」と語っています。

CAB STORY

1977年にマリオ・ベリーニによってデザインされたチェア。「家具の中でも最も複雑な構造、かつ古い歴史を持つアイテムが〈椅子〉なのかもしれない。それゆえに〈4本脚、座、背〉という極めてベーシックなイメージが広く人々の遺伝子の中に刻み込まれている。私は皆がごくシンプルにイメージする「椅子」を、ヒトの身体の延長線上にあるものとしてデザインすることを試みた。結果、骨格とも言えるスケルトンに厚革を伸ばして張り、人間の身体を柔軟に受け止める椅子が出来上がったのである」。キャブの誕生について、ベリーニは「自分のスタジオでデザインしたというわけではなく、カッシーナの開発部門に鉛筆1本持って行って創ったもの。カッシーナの2人のスタッフと切ったり貼ったりしてできあがった。」と語っています。

LEATHER

マリオ・ベリーニのCABチェアは今日までに50万脚以上、年間何千脚ものペースで生産されていますが、レザーパーツが各々手作業による工程を経て縫い合わされ、椅子のスケルトンに張られていきます。それはさしずめテーラーメードのスーツを縫い上げるかのような見事な職人技と呼ぶにふさわしいものであります。CABはシンプルでありながら、幾多の複雑な工程がその裏に隠された、美的にも技術的にも完 成度の高いカッシーナならではのアイテムとなっています。

CAB FAMILY

1977年以来のベストセラーCABチェアのコンセプトを応用し展開したCAB FAMILYは
テーラードスーツのようにメタルフレームがサドルレザーをまとい、構造的にも実質的にもしなやかな身体の形状を完璧にサポートしています。

MARIO BELLINI
IN CASSINA

ベリーニは若い時からカッシーナとの協業を始めています。 チェーザレ・カッシーナと最初に出会った際には、自身が初めてコンパッソ・ドーロを受賞した作品であるテーブルのプレゼンテーションを行い、以後現在に至るまで両者は固い絆で結ばれ様々な革新的プロジェクトを生み出しています。60年代、70年代にマリオ・ベリーニとカッシーナとの間で行われた様々な実験的なプロジェクトはその後オリジナリティー溢れる最先端デザインの創出へとつながっていきました。

ph.Giovanni Gastel

PRODUCTS
BY MARIO BELLINI

お問い合わせ