2014.11.07MUNI CARPETS Winter Season Exhibition

Winter Season Exhibition

Winter Season Exhibition

カッシーナ・イクスシー各店では、個々にテーマを掲げ季節に合わせた展示を行います。

MUNIの象徴である藍色のインペリアルラインを核に、
レッド、ゴールド、ブラウンなどの配色と、独特でユーモラスな文様を組み合わせ、
MUNIの世界観と美意識を表現致します。

ぜひこの機会にご来店ください。

開催店舗:
カッシーナ・イクスシー青山本店 2014年11月8日(土)〜
カッシーナ・イクスシー大阪店福岡店 2014年11月13日(木)〜

青山本店では、〈奥行きのあるカラー〉をテーマに新作・新色を含め多数取り揃えました。

[Lotus] No.009E [Lotus] No.009E
蓮の花は、沢山の種を実らせ、花が咲き広がることから 幸福な結婚、子孫繁栄を願う文様として大切にされています。 日本の平安時代中期ごろには、貴族の知識や儀式を通して 育まれてきた有職文様の中にこの丸い文様が見られます。 また、MUNI CARPETSでは100%天然染料を使用し、 これまでに数百種類の色を作ってきました。 異なる染料で重ね染めすることで色が重なり合い、 色の奥行きが表現できます。 この度の色は、藍・橡(つるばみ)・梔子(くちなし)を 使用したモダンなブルーです。
大阪店では、〈心に「ハレ」をもたらすインペリアルライン〉ほか、新色作品を多数取り揃えました。

インペリアル No.103 明式福寿萬代文氈 [インペリアルライン] No.103 明式福寿萬代文氈
中国・明時代に好まれたユーモラスな表現は、 この時代ならではの美意識を表しています。 麒麟、鳳凰などの霊獣や仏教、道教八宝に由来する 吉祥文様が用いられ、鹿と鶴は、天地四方天下あまねく 万物が栄えることを意味し、夫婦不老長寿を表現した 文様です。
福岡店では、〈日本に渡ってきた意匠〉をテーマに、新色作品を多数取り揃えました。

インペリアルライン No.076A Butterflies and Flowers [インペリアルライン]
No.076A Butterflies and Flowers

日本の家紋には百種類以上の蝶文があり、 最も多く用いられている意匠です。 殻に閉じこもりじっと動かないさなぎが、 優雅に蝶へと変身してはばたくことから、 復活のシンボルとされてきました。 細やかで躍動感のあるこの意匠を天然藍「マーラン」で 染めた糸の濃淡のみで織り上げています。 藍色はかつてクラシカル・チャイニーズ・ラグの命の色と 言われていた大切な色です。年月の経過とともに 色の成熟がみられ、深まっていきます。長年愛用することで ビロードのような輝きへと変化していく作品です。

 

▲ PAGE TOP