新實 広記 展展覧会について

新實 広記 展 - 名づけられた光-
HIROKI NIIMI EXHIBITION "Entitled Light"

会期 : 2017.5.26(FRI) - 7.4(THE)
場所 : 青山本店ギャラリー DELL'ARTE
May 26, 2017 - Jul 4, 2017
Gallery "Dell'Arte"

昨年開廊したDELL’ARTE における最初の作家展、新實広記展を開催いたします。 新實広記のガラス作品は、先ず用意された耐火石膏に溶解したガラスを流し込み、緩やかな時間の鎮静を経て後、私たちの前に姿を現してきます。
ガラスという素材は、言うまでもなく透明でありながら外光を一旦大きく呑み込み、瞬時再び見る者に向けてその光を返す、そんな素性に寄り添って彼の作品は生まれてきます。新實はガラスの誕生を記したプリニウスの博物誌に記載された、初めてガラスが生み出される瞬間の虚を突かれる美しさに触れて、自らの作品の出自を語ることがあります。それはガラスが偶然光を伴ってこの世に出現する驚きに満ちた美しい話ですが、新實はこうしたガラスという素性を深く咀嚼し、素材と時間に委ねながら、あの原初の誕生に連なる作品を生み出そうと試みているのです。一見、ただの球、円柱に見えて、時に光と同化しついに形を喪う、中をのぞき窺えば外界の風景をゆがめ、更に光を解析し大きなスペクトラムを床に投じたりもする。ガラスの作家は言うまでもなくそれを触媒として光を解析する作家でもあります。外界から降り注ぐ光を受容する器(vessel)としてのガラス、光はこの器を得て、私たちの前に自らの姿を現すのです。 風が柳の大きな揺れを借りなければその存在を示せないように。
新實作品を通じ、人と光の交感を知る。更にそこで私だけのいわば唯一の光を獲得し、それに命名する機会を得ます。そして元来私たちが潜めていた太古の記憶や、遠くに輝く何かに喚起され、つい茫然と立ち尽くすに至るのです。

*プリニウスの博物誌
ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(22/23−79)
古代ローマの博物学者、政治家、軍人がまとめた博物誌、全37巻は自然界の諸事ついて広汎に記述されたもの。その36巻、第65号にガラスの起源に触れた項目がある。

―WELCOME HOMEと言える幸せ―

本展は5月の家具新作展の一環として併催されるものです。
テーマはWELCOME HOME―人にとって家、部屋とは何だろう。
家、それは雨露をしのぐこと、その機能は言うまでもありません。
しかし世界をドア一枚で隔てた部屋は私だけの場所。
そこはまた人を招じ入れ、手紙を待ち、窓から光を、風を呼び込む装置でもあります。
いわば家の存在は、ウエルカムホームと言える楽しみを味わえる場所と言い換えることも出来ます。WELCOME HOME、これは何と幸せな言葉でしょうか。今回の新作展はこのような幸せのお手伝いをするために用意されました。
本展は外界にある放埓で無名なまばゆい光を、窓から呼び込み、それにあなただけの名前を付す。そんな家、部屋ならではの美しい装置として現れたアート作品の展示です。
昼と夜で静かにあなたの家だけの密かな光を放つ、それはWELCOME HOMEと呼び込んだ光が、新たにあなたを迎えいれる瞬間でもあります。
アートを楽しめること、それも家と部屋の効用なのです。
本展は家と部屋に関わる幸せにお応えするように企画されたものです。

新實 広記 展プロフィール

1976
愛知県豊田市に生まれる
2001
愛知教育大学大学院教育学研究科芸術教育専攻 修士課程修了
2001
「CGCA(creative glass center of America)fellowship」招待作家
ウィートンビレッジ / ニュージャージー・アメリカ
2002
「豊田の彫刻家たち」豊田市美術館市民ギャラリー / 豊田・愛知
2003
「20/20 VISION」アメリカガラス美術館 / ニュージャージー・アメリカ
「GLASS WEEKEND」ウィートンビレッジ / ニュージャージー・アメリカ
「とよたの新世代」豊田市美術館市民ギャラリー / 豊田・愛知
2005
「GLASS ART NOW 東海の現代ガラス展」瀬戸新世紀工芸館 / 瀬戸・愛知
2007
「再生による構築」個展 ギャラリープラネット / 名古屋
2008
「喜楽亭ー10の饗ー」 豊田産業文化センター / 豊田・愛知
2009
「FLAT GLASS -平面から浮かぶもの-」 瀬戸新世紀工芸館 / 瀬戸・愛知
「ガラスの変貌」ギャラリーヴォイス / 多治見・岐阜
2011
「瀬戸新世紀工芸館企画 新實広記・畑中篤 二人展」瀬戸新世紀工芸館 / 瀬戸・愛知
「SELECTION:01」MasayoshiSuzukigallery / 岡崎・愛知
「農村舞台アートプロジェクト」個展 細田神社農村舞台 / 豊田・愛知
2012
「ARTISTS FILE 04」MasayoshiSuzukigallery / 岡崎・愛知
2013
「Vessels」個展 masayoshi suzuki garelly / 岡崎・愛知
2014
「農村舞台アートプロジェクト」個展 加塩神社農村舞台 / 豊田・愛知
2015
「Vessel」コミッションワーク 野外彫刻 大手門タワー・JXビル / 大手町・東京
2016
「Feeling glass 感じとるかたち」 富山ガラス美術館 / 富山
「とよたルミアール・プロジェクト」 豊田市役所東庁舎 / 豊田・愛知
「現代ガラスの表現展」大一美術館 / 名古屋
▲ PAGE TOP