2019.05.092019 Cassina NEW MODELS

Cassina
2019 NEW MODELS

553 BOWYPATRICIA URQUIOLAシステムソファ/ローテーブル

「BOWY(ボウイ)」は、柔らかなカーブを描きながらグラフィカルなシルエットを生み出すシステムソファです。デザインの最大の特徴でもあるパッディングを施した太めのステッチが、各パーツのアウトラインを際立たせています。オートクチュールのスーツのように、バックレストのコーナー部分まで美しく施されているのは、カッシーナの熟練した縫製職人のテイラーメイド技術によるものです。また、パトリシア・ウルキオラは同シリーズでサイドテーブルもデザインしました。ソファと同様丸みを帯びたデザインで、モジュールの間に差し挟んで使用。70年代にインスピレーションを得たグロッシーラッカー塗装仕上げと、木トップの2種類からお選びいただけます。さらに、同コレクションとしてデザインされた円形のローテーブルは、センターテーブルとなる2種類とソファサイドにも合わせることのできる1種類のサイズ展開でご用意しています。

499 ORDINALMICHAEL ANASTASSIADESテーブル

マイケル・アナスタシアデスのメタルワークとカッシーナの木工技術を掛け合わせた、彫刻的なダイニングテーブル「ORDINAL(オーディナル)」。見る角度によって印象が異なる板状の脚部は天板に対しそれぞれ45度の角度でセットされ、テーブルのエッジにフォーカスしつつ強度を最大限にしています。オーバル、長方形、正方形の豊富なサイズ展開と5色のアルミニウムの脚部で、現代のダイニング空間の様々なニーズを満たします。

905VICO MAGISTRETTIチェア

1964年にヴィコ・マジストレッティがデザインした「905」チェア。2000年までカッシーナが製造していたものを、今回仕上げや技術をアップデートし復刻しました。円柱の脚部に弓形のアームレストが特徴的で、マジストレッティによるデザインの親しみやすさが表れています。無垢材の脚部は、カッシーナの高度な職人技と最先端のテクノロジーを掛け合わせて生み出されています。また、シート部分の厚革は1枚ものを使用して強度を出すとともに、フレームに美しく巻き付けられ、カッシーナのロゴが刻印されています。

140 COTONE SLIM RONAN & ERWAN BOUROULLECチェア

2017年に発表したダイニングチェア「COTONE(コトーネ)」に、スリムバージョンのダイニングチェアのコレクションが追加されました。シリーズ共通でアルミニウム押し出し材をフレームに用いています。アルミは軽量で順応性のある素材であり、モダンでエレガントな見た目がより一層魅力を高めます。「COTONE」スリムチェアは、従来の「COTONE」アームチェアを軽量化したタイプです。フェザーでたっぷりとボリュームをもたせたシートクッションに包まれるような座り心地のアームチェアに対し、スリムチェアはフェザーを取り除きよりすっきりとした見た目で座面にスペースを確保しました。

249 VOLAGE EX-S PHILIPPE STARCKシステムソファ(仕様追加)

タイムレスなエレガンスをまとったフィリップ・スタルクによる「VOLAGE EX-S(ヴォラージュ・エクストラソフト)」システムソファに、更なるバリエーションが追加されました。スリムロングシート、ナロウアームでよりコンパクトなL字の組み合わせが可能になっています。

新作展示「ALTA MODA - 新しい風景をまとう日」
青山本店:2019年5月17日(金) 〜
名古屋店:2019年5月16日(木) 〜
大阪店:2019年5月23日(木) 〜
福岡店:2019年5月24日(金) 〜

 

▲ PAGE TOP