699 SUPERLEGGERAスーパーレジェーラ

This is a high-quality normal chair.高品質な普通の椅子であること

designer

What will remain of architecture is art.
後世に残る建築は、アートである。

ジオ・ポンティとは
建築家、デザイナー、批評家、イラストレーター。ジオ・ポンティはミラノで学位を取得し、1921年エミリオ・ランチャとミノ・フィオッキの事務所に入った。1923年〜1930年、リチャード・ジノリのアーティスティック・ディレクターを務める。1928年、雑誌ドムスを立ち上げ、長く編集に携わった。ポンティはイタリアンデザインの基準となる人物であり、モンツァ・ビエンナーレ、ミラノ・トリエンナーレ、コンパッソ・ドーロ賞、インダストリアルデザイン協会の強力なサポートを行ってきた。数々のアーティストともコラボレーションを行い、1957年、カッシーナのためにかの有名なスーパーレジェーラをデザインし、長きにわたり実り多き最高のパートナーシップを築き上げた。ポンティのプロジェクトは多方面にわたり、インダストリアルデザインから建築学部の講師、出版業まで幅広い。彼の功績の中で際立つものの一つに、ミラノのピレリ高層ビル(1956ー1959)がある。
Gio Ponti
designer
Gio Ponti(1891-1979)
ジオ・ポンティ
イタリアの建築家、デザイナー
1891
イタリア、ミラノに生まれる。
1921
ミラノ工科大学(建築科)を卒業。
1928
建築雑誌「domus」(ドムス)を創刊。
1957
カッシーナ社との協力により世界一軽量のチェア「スーパーレジェーラ」を開発する。1961年までミラノ工科大学の教授として教鞭をとる。
1968
ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートより学位(Honoris Causa)を取得。
1979

作品:
ビレッリ社の超高層ビル(ミラノ)、タイムライフ社のオーディトーリアム(ニューヨーク)、また、カルメロ修道院(サン・レモ・サンタ・エリア)などイタリア国内をはじめアメリカ、カナダ、オランダ、スウェーデン、フランス、ブラジル、ヴェネズエラ各地の教会、晩年の作品としてはデンバー美術館(コロラド)がある。

making story

This little chair you are looking at is the star of a very unique venture…
あなたが目にしているこの小さな椅子は、
  非常にユニークな冒険的プロジェクトの成功なのだ・・・

ジオ・ポンティは、スーパーレジェーラをミラノのピレリタワーと、ターラントのコンカテドラーレ教会と並ぶ、彼がデザインした3つの傑作の中の1つと認めています。
極限まで削ぎ落とされた幅18mmの三角形フレームと、重さ1,700グラムという最軽量の椅子は、堅固さと軽さの間の完璧なバランスを象徴しています。これは、ジオ・ポンティの研究と、カッシーナの永年培った技術、創造力と職人達の専門知識によって結実した作品なのです。カッシ-ナ社との関係は家具業界においてエポックメーキングであり、デザイナーと職人が議論を重ね何度もテストを繰り返し、オリジナルのデザインが持つ味わいを損なうことなく製品を生み出す共同作業が行われました。そして、その際に生まれたのがこの699(スーパーレジェーラ)で、50年代このチェアの登場によってカッシーナ社の名声は揺るぎ無いものになります。
699 SUPERLEGGERA
courtesy Gio Ponti Archives
699 SUPERLEGGERA

courtesy Gio Ponti Archive

699 SUPERLEGGERA

椅子を宙に放り投げ、目がくらむような高所からそれらが地上に落ちていく様子を眺める。

product information

699 SUPERLEGGERA(スーパーレジェーラ) フレーム=アッシュ材ナチュラル W405 × D450 × H830(SH455) フレーム=アッシュ材ナチュラル
W405 × D450 × H830(SH455)

オンラインストア商品ページへ

699 SUPERLEGGERA(スーパーレジェーラ) フレーム=アッシュ材ナチュラル(受注輸入品)W405 × D450 × H830(SH465) フレーム=アッシュ材ナチュラル(受注輸入品)
W405 × D450 × H830(SH465)

オンラインストア商品ページへ

バリエーションについて

VARIATION

カッシーナが誇る木加工技術の本質をみせる
アッシュ材のフレームとシートの張り地をお選びいただくことで
450パターンの組み合わせが可能になります。
また、1950年代の展示会のためにデザインされ
商品化されていなかったホワイトとブラック塗装の
コンビネーションフレームに白革もしくは黒革の
ポリエステルパッディングシートが復刻となりました。
※木枠の形状が違うため籐張りの座を布・革張りには変更できません。

699 早見表

フレーム・座 サイズ(mm) 納期 張地 特性
フレーム=
アッシュ材ナチュラル
W405 × D450 × H830(SH455) 通常
3〜4週間
座=籐張 座には手編みで、ひとつひとつ
丁寧に作られた籐を使用
W405 × D450 × H830(SH465) 通常
4〜5ヶ月
[布]E・K・F・L・Oランク
[革]X・Y・Zランク
座はファブリックもしくは
革のカバリングから選択可
フレーム=
アッシュ材ブラック
W405 × D450 × H830(SH455) 通常
3〜4週間
座=籐張 座には手編みで、ひとつひとつ
丁寧に作られた籐を使用
W405 × D450 × H830(SH465) 通常
4〜5ヶ月
[布]E・K・F・L・Oランク
[革]X・Y・Zランク
座はファブリックもしくは
革のカバリングから選択可
フレーム=
アッシュ材ホワイト
W405 × D450 × H830(SH455) 通常
4〜5ヶ月
座=籐張 座には手編みで、ひとつひとつ
丁寧に作られた籐を使用
W405 × D450 × H830(SH465) 通常
4〜5ヶ月
[布]E・K・F・L・Oランク
[革]X・Y・Zランク
座はファブリックもしくは
革のカバリングから選択可
フレーム=
アッシュ材ホワイト×
ブラック コンビネーション
W405 × D450 × H830(SH465) 通常
4〜5ヶ月
[革]Xランク 座の革のカバリングは
白と黒から選択可
▲ PAGE TOP