LC4シェ−ズロング

1929年のサロン・ドートンヌで発表され「休養の為の機械」とル・コルビュジエが呼んだ寝椅子。体の線に合わせて綿密にデザインされた背のカーブと、弓形のパイプをずらすことによって寝る角度を自由に変えられることで、素晴らしい座り心地をもたらします。独創的かつ革新的でありながら優美なボディラインを持つこの作品は、80年以上経った現在でも世界一有名な寝椅子といわれており、20世紀を代表するマスターピースのひとつです。
マットレスとヘッドレストのファブリック仕様が新たに追加され、よりコンテンポラリーな装いを可能にしました。
※ニューヨーク近代美術館所蔵作品
  • 概要
Brand
Cassina
Collection
I MAESTRI COLLECTION
Designer
LE CORBUSIER,PIERRE JEANNERET,CHARLOTTE PERRIAND(ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン)
Size
W605 × D1600
¥740,000〜
Materials
<モデル標準仕様>
■ フレーム=スティールパイプ・クロムめっき仕上
■ シート=黒革(13X606)/毛皮(白黒茶混13Z229)
■ ヘッドレスト=黒革(黒革は13X606/毛皮は13X414)
■ 台座=スティール・ブラック塗装仕上
■ 脚端=グライド
※フレームは台座に任意の角度にのせられます
※毛皮は自然素材を用いています。そのため毛皮の色・柄がカタログの写真とは異なりますので予めご了承ください。
お問い合わせ