(C) CASSINA IXC. Ltd.

SCROLL

.

Cassina×GINORI 1735 テーブルウェアコレクション

Cassina×GINORI 1735 テーブルウェアコレクション
ル・コルビュジエの創作力が光るテーブルウェアコレクション。
Cassina(カッシーナ)とGINORI 1735 (ジノリ)及び、ル・コルビュジエ財団が共同で手掛ける、ル・コルビュジエによるテーブルウェアコレクションをご紹介します。
イタリアのデザインとものづくりに深いルーツをもつ二つのブランドが出会い、ダイニングエリアを完成させる素晴らしいコレクションです。

【 2021 ELLE DECO International Design Awards 受賞 】
エル・デコ インターナショナルデザインアワードのテーブルウェア部門にて受賞いたしました。


エルデコインターナショナルデザインアワード2021

COLLECTION CHANDIGARH

COLLECTION CHANDIGARH

1950年代にル・コルビジェが都市設計を行い現在は世界遺産となっているチャンディガールの建物の壁に施された浅浮き彫りのシンボルが象徴的なコレクションです。
彼の建築にも繰り返し用いられた平和の象徴である「開いた手」、丸いプレートには「魚」、長方形のプレートは「太陽の動き」を象徴しています。素焼きのマットな白磁で作られたこれらのプレートはシンプルなラインとミニマルな形状で、食卓のプレートにも、ディスプレイ用のオブジェとしても最適です。
詳細を見る
SERVICE PRUNIER

SERVICE PRUNIER

ロンドンのプルニエレストランのために制作されたディナーサービス(食器セット)を、ル・コルビュジエによる手描きの原画とともにオリジナルと同じ白い磁器で復刻したコレクションです。
絡み合った手のモチーフはレストランに飾られたル・コルビュジエによるタペストリー「Les Mains」に描かれていたものです。 ル・コルビュジエ自身、品質と味覚を組み合わせた「The taste of shape」と自ら表現したこれらの皿を使っていました。
詳細を見る
Le Corbusier (ル・コルビュジエ)

Le Corbusier ル・コルビュジエ

1887年10月6日、スイス、ラ・ショー・ド・フォンで生まれる。
スイス生まれのフランス人建築家、ル・コルビュジエ(シャルル=エデュアール・ジャンヌレ)は、20世紀を代表する近代建築理論家の巨匠。
彼の急進的な建築、都市計画、家具の設計は、実用的な機能を肯定する独自の機能主義の理論に基づいて生まれました。 1920年代以降の彼のデザインは、インターナショナル・スタイルの基礎となっています。 また、家具デザインの大部分は、従兄弟であり建築のパートナーであるピエール・ジャンヌレと、シャルロット・ペリアンとの共同作業から誕生しました 。3人が1928年にデザインした金属製の家具はたちまち全世界で成功を収め、今でも傑作として人気を集めています。
詳細を見る

PICKUP PRODUCTS