2017.08.17[福岡店] Monohanako ー 中里花子展 灯りと器とダイニングー

Monohanako ー 中里花子展 灯りと器とダイニングー

カッシーナ・イクスシー福岡店では、「Monohanako−中里花子展 灯りと器とダイニング−」と題した特別展示を行います。

唐津とアメリカで創作活動を行う陶芸家・中里花子氏。
カッシーナ・イクスシーのダイニングテーブルに合わせた作品を約700点新たに作陶していただきました。
一つの使い方にこだわらず、その時々で器の使い方を工夫することにより日常を豊かに彩る方法を、
3種類のダイニングシーンと、秋の食卓を優しく照らす灯りと合わせてご紹介いたします。

期間:2017年9月7日(木)〜9月19日(火)まで
作家在店予定日:9月7日(木), 9日(土),10日(日) 14:00-19:00 / 9月8日(金) 17:00-19:00
開催店舗:福岡店

中里花子 プロフィール
唐津に育ち16歳で単身渡米、以後半生をアメリカで過ごす。日本の独特な食文化に目覚め、大学卒業後帰郷し、父、中里隆より陶芸を学ぶ。2000 年の東京、万葉洞での親子展を皮切りに、以後日本、アメリカ各地で数々の個展を開催。2007年に故郷唐津に独自の工房monohanakoを設立。2010年にメイン州にmonohanakowestを設立。現在、唐津とメインを半年ずつ行き来して作陶している。

 

▲ PAGE TOP