1616 / Arita Japan

1616 / arita japan

和でも洋でもないこれからの未来に寄り添う新しい器のスタイル

2012 年にミラノサローネで発表されたデザイナー柳原照弘氏ディレクションの1616/arita japan は、有田焼の伝統を受け継ぎつつ新しいデザインアプローチによる器を展開。 和でも洋でもない、これからの未来に寄り添う新しい器のスタイルです。 新しい素材を用い、陶磁器の可能性を試みながらも多様な食生活に対応する柳原氏デザインの「スタンダード」と、オランダ人デザイナー、ショルテン&バーイングスが有田焼の伝統色を再解釈し、ヨーロッパ的な感覚を融合させた「カラーポーセリン」。スタイルの異なる2種のシリーズが他にないユニークな世界観を生み出しています。
2013年 ELLE DECO International Design Awards(EDIDA)テーブルウェア部門で受賞

1616 / arita japan

1616 / arita japan

Photo : Takumi Ota

柳原 照弘
1616 / arita japan 1976年香川県高松市生まれ。
1999年大阪芸術大学 デザイン学科空間デザインコースを卒業し、2002年にISOLATION UNIT/TERUHIRO YANAGIHARAを設立。「デザインする状況をデザインする」という考えのもと、国やジャンルの境界を超えたプロジェクトを多数手がける。2011年6月より、京都北山を拠点に、「新たな創出の場」として[bespoke]をオープン、世界との接点を生み出すべく企画を展開していく。
ショルテン&バーイングス
1616 / arita japan ステファン・ショルテンとキャロル・バーイングスの二人で2000年にデザインスタジオを設立。細やかなリサーチにより物の背後に潜む文化的、芸術的コンテクストを探りながら鮮やかな色彩と現代的な幾何学文様を巧みに使い完成度の高いデザインを生み出す。Dutch Design Awardを2度受賞。その他Wallpaper Design Award、Elle Decoration International Design AwardによるYoung Design Talent 2011 等受賞。

1616 / TY Standard

新しい素材を用い、陶磁器の可能性を試みながらも多様な食生活に対応する柳原氏デザインの「スタンダード」シリーズ。
用途を限定しないフレキシブルなフォルムでプロダクトとして完成度の高さ、美しさを感じさせてくれるアイテム。

Plate

  • スクエアプレート
  • ラウンドプレート
  • Deepプレート

Bowl

  • ラウンドボウル
  • スクエアボウル

1616 / S&B "Colour Porcelain"

オランダ人デザイナー、ジョルテン&バーイングスが有田焼の伝統色を再解釈し、
ヨーロッパ的な感覚を融合させた「カラーポーセリン」シリーズ。
日本の伝統色である、淡く、果敢ない色の層を重ねながら、陶磁器という文脈の中で再解釈したテーブルウェア。
現代的で機能性の高い形の中に、有田の特有の色遣いが反映されています。

Coffee & Tea

  • コーヒカップ&ソーサー
  • マグカップ
  • ティーカップ

Flower Vase"

  • フラワーベース

LINE UP