Kazuhide Takahama

Kazuhide Takahama高濱 和秀

1930-2010
日本のデザイナー

九州生まれ。東京で建築を学び、設計事務所で働き始めた。
1957年ミラノトリエンナーレの為にイタリアに渡った際、ディノ・ガヴィーナと出会い、その後活動の場をイタリアに移した。シモンにも数々の名作コレクションを残している。彼のデザインする家具は厳格さと美しいラインが際立っており、
生まれ育った極東の文化と交流を深めた西洋の文化が融合して彼独自の表現が本質的に表れている。ボローニャにて没。

CONTENTS

代表作品

▲ PAGE TOP