Gio Ponti(ジオ・ポンティ)

Gio Pontiジオ・ポンティ

1891-1979
イタリアの建築家、デザイナー

1891年イタリア、ミラノに生まれる。1923年ミラノ工科大学卒業後、1930年まで陶磁器メーカー・リチャード・ジノリ社でアートディレクターを務めます。その後、自身の建築事務所を設立し公共施設の設計などを手掛けます。1928年建築・デザイン誌「ドムス」を創刊し、初代編集長に就任し、国内外のデザイン界に多大な影響を与えます。多岐に渡る重要なデザインシーンに携わり、戦後のイタリアデザイン界を牽引した偉業から「イタリア建築・デザインの父」と称されるデザイナーです。

1891
イタリア、ミラノに生まれる。
1921
ミラノ工科大学(建築科)を卒業。
1928
建築雑誌「domus」(ドムス)を創刊。
1957
カッシーナ社との協力により世界一軽量のチェア「スーパーレジェーラ」を開発する。
1961年までミラノ工科大学の教授として教鞭をとる。
1968
ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートより学位(Honoris Causa)を取得。
1979
作品:
ビレッリ社の超高層ビル(ミラノ)、タイムライフ社のオーディトーリアム(ニューヨーク)、また、カルメロ修道院(サン・レモ・サンタ・エリア)などイタリア国内をはじめアメリカ、カナダ、オランダ、スウェーデン、フランス、ブラジル、ヴェネズエラ各地の教会、晩年の作品としてはデンバー美術館(コロラド)がある。

CONTENTS

代表作品

▲ PAGE TOP