Charlotte Perriand(シャルロット・ペリアン)

Charlotte Perriandシャルロット・ペリアン

Cassina

1903-1999
フランスの建築家、デザイナー

服飾職人の両親の元に生まれ、様々な素材に囲まれて育ちます。パリの装飾美術中央連合学校(エコールUCAD)で学び、1926年に卒業。自らアトリエを構え、数々の展覧会に家具を出品。1927年サロン・ドートンヌに出展した「屋根裏のバー」が大反響を巻き起こします。この作品がきっかけとなり、ル・コルビュジエのアトリエへ入所。これが運命的な出会いとなり、シェーズロングを始め、数々の名作をコルビュジエとともに世に送り出しました。1937年、アトリエで一緒に机を並べていた坂倉準三の誘いで、輸出工芸指導の顧問として日本へ招かれます。1年余りの滞在期間に日本各地を柳宗理の案内でまわり、日本の伝統的な暮らしや美意識に深い感銘を受け、その後の作品に強く 反映されています。

1929
サロン・ドートンヌに「住宅の設備」出展
1946
メリベルのスキーリゾートホテル建設に参加
1957
「サロン・デ・ザール・メナジュ」(パリ)の「日本の家」のインテリアを柳宗理と担当
1966
パリ日本大使館のインテリア設計
1967
「レ・ザルク」スキーリゾートデザイン
1993
パリ・ユネスコにて茶室設計

CONTENTS

代表作品

▲ PAGE TOP