Gerrit Thomas Rietveld(ヘーリット・トーマス・リートフェルト)

Gerrit Thomas Rietveldヘーリット・トーマス・リートフェルト

Cassina

1888-1964
オランダの建築家、デザイナー

家具職人の父親の元で修行し1911年、リートフェルトは自らデザインしたキャビネットを作る会社を設立。その会社を経営しながら、建築を勉強しその勉強を通じて、「デ・ステイル」の創立者たちと知り合います。そして1917年、レッド&ブルーチェア(赤と青の椅子)をデザイン。このデザインによって建築理論の根本的な変化を提示するのです。リートフェルトが設計した建物は自由に変化する空間を用い、動的な空間の考えを追及しています。そしてリートフェルトがデザインした家具は、それらの建物に設置されるようになります。また、建築家として作品のシュローダー邸は世界遺産にも登録され、現在はミュージアムとして公開されています。
※「デ・ステイル」オランダのレイデンで創刊した美術雑誌。または同誌を拠点とした画家、建築家、デザイナーらによる国際的活動

1924
シュローダー邸 (世界遺産)
1931-1934
ローハウス、ユトレヒトの低層住宅
1936
ユトレヒトのフレーブルフ映画館
1954
ゾーンスペーク館
1955
ヴァン・ゴッホ博物館
1956
ベルヘアイクのデ・プローフ織物工場

CONTENTS

代表作品

▲ PAGE TOP