LEATHER  OF CASSINA IXC. カッシーナ・イクスシーの家具に使用されている革とは

「皮」は、鞣(なめ)し、染色、乾燥、塗装などの数多くの工程を経て、 しなやかさ、保湿性、耐久性、肌触りのすべてにおいて優れた「革」へと生まれ変わります。 高級素材の代表格ともいえる本革は、靴や鞄などから小物に至るまで多種多様に使われています。 使い込むほどに風合いが増す特徴を備え、ソファやチェアなどのインテリアファニチャーに適した素材です。

本革といっても多種多様にありますが、カッシーナ・イクスシーでは世界でも一握りといわれる上質な革をより厳しい判断で選別しており、その革を使用した家具は時代とともに魅力を増し、長きにわたり私達の生活を豊かにしてくれます。また、こだわりを持って加工された革について理解を深めることで、空間、生活、スタイルに合った革の選択ができ、より長くその魅力をお楽しみいただけることでしょう。

カッシーナ・イクスシーの革について

カッシーナの革製品へのこだわりは良質の素材を選択することと、丁寧で丹念な手仕事にあります。
独自の厳しい基準によって選別された健康な牛の「皮」になめし、染色、乾燥、塗装などの数多くの行程を熟練の手により施します。それによりしなやかさ、保湿性、耐久性、肌触りのすべてにおいて優れた「革」へと生まれ変わるのです。

上質な革を使ったカッシーナ・イクスシーの家具は、使い込むに従い熟成されたワインのように深い味わいと心地よさをもたらします。

鞣(なめ)しについて

皮は柔軟性に富み非常に丈夫な素材ですが、そのまま使用すると腐食したり、乾燥による硬化で柔軟性がなくなります。
そこで皮成分のコラーゲンを適度に残しつつ不要な脂質やタンパク質を取り除き、そこに溶液を染みこませることで、腐敗や硬化を防ぐ加工を施します。
これを「鞣(なめ)し」といい鞣していない状態を『皮(HIDE)』、鞣したものを『革(LEATHER)』と呼び区別しています。

ナチュラルマーキングについて

牛皮には、生前についた「ナチュラルマーキング」と呼ばれるキズやシワがあります。牛の所有者を示すための烙印、有刺鉄線や樹木でできたひっかき傷、それ以外にも虫さされ跡や牛同士の喧嘩の傷などです。
型押しや顔料の着色で傷を目立たなくすることもできますが、その代わりに革本来の柔らかな手触りや風合いは失われます。ナチュラルマーキングが見られるということはすなわち、人工皮革ではない本物の革、そして「銀面(毛穴を含む表面)」を残した上質な革である証であり、革の風合いを最大限に生かす高品質な革であるということです。
カバー製作時、裁断行程においてナチュラルマークの選別をしながら型入れを行っておりますが、必ずどこかに現れます。一頭一頭異なるナチュラルマーキングはそれぞれの個性です。そのナチュラルマークをもった牛は世界で一頭だけであり、作られるソファも一台だけ。めぐり合わせによる出会いに愛着を感じながら、ナチュラルマークを含めて経年の変化をお楽しみください。

ナチュラルマーキング

選べる革のグレード

カッシーナ・イクスシーはお好みに合わせてお選びいただける6ランクの革のグレードをご用意しています。
カッシーナ製品に使用される輸入革はX、Y、Zの3つに、カッシーナのライセンス製品およびイクスシー製品に使用される革は国内産でFX、FY、FZの3つ分類されています。(※2018年新しくFZ革が追加されました。)

国産革
FX
FY
FZ
カッシーナのライセンス製品およびイクスシーに使用されるFX、FY、FZ国産革。国内屈指のタンナーとの共同開発により、リーズナブルでありながら輸入革と同等の品質・風合いを兼ね備えた仕上がりになっています。
輸入革
X
Y
Z
カッシーナ製品にのみ使用される、X、Y、Zの3ランクの輸入革は、希少な最上級素材を使用し、しなやかで包みこまれるような肌触りの仕上げです。

革の特徴

ランク FX X FY Y FZ Z
表面処理 ライトバフ フルグレイン
着色
ピグメント仕上

セミアニリン仕上

マイクロピグメント仕上

アニリン仕上
型押 あり なし
特徴 汚れや劣化などの耐久性に優れ、お手入れが簡単な実用的な仕上げの革です。 丁寧に重ねた塗膜層によって、牛の生前の傷やシワなどのナチュラルマーキングが目立ちにくくなるとともに、傷や汚れ、摩擦などにも強いので幅広いシーンでお使いいただけます。 お手軽に革を楽しみたい方や、ヘビーユースで公共性の高い場所には、コーティングが厚く伸びを抑えた仕上げをしているFX がお勧めです。 国産のFX革に比べて輸入のX革の方が、塗膜が薄くソフトで革らしい表情になっています。 実用性と革本来の風合いを兼ね備えた肌触りのいい革です。型押しのないスムースな革の独特な表情と、毛穴感のあるしっとりとした肌触り。 表面は顔料で着色しているので色あせに強く、天然のシボやシワなどの革本来の表情を楽しむことができます。 また、程よいボリューム感のある革の厚さを選べるのも、このシリーズの特徴です。 「染料に近い発色」と「顔料に近い堅牢度」を持つマイクロピグメント仕上による、実用的で高品質な革です。 アニリン革のような透明感のある自然な発色、そしてやわらかくボリュームのあるしっとりと 吸い付くような触り心地でありながら強度もある新たな仕上が特徴。 革の選別から加工まで、最高の仕上げを施した最上級の革です。革のもつ独特の贅沢感と肌触りの良さを最大限に引き出しています。表面の毛穴を残すことで細かい空気の層が滞留し、触れるとしっとりと吸いつくような素晴らしい感触。耐水性、耐光性に弱くシミやシワになりやすいが、長い年月とともに生まれる革独特の風合いなど、革が熟成していくようすを体感できるのもこのシリーズの魅力。

・フルグレイン=毛穴(銀面)を完全に残した仕上
・ライトバフ=毛穴(銀面)を薄く削った仕上
・アニリン仕上=染色した革に顔料を含まず、合成染料と主にタンパク系のバインダーからなる塗料を用いて、染色した仕上げ方法。
・マイクロピグメント仕上=「染料に近い発色」と「顔料に近い堅牢度」をもつ超微細顔料塗料を使用した仕上。
・セミアニリン仕上=染料と顔料を併用し仕上げる方法。アニリン、ピグメント両方の特徴をあわせもち革らしい表情を残しつつも実用的。
・ピグメント仕上=顔料と合成樹脂を使用し、バインダーを含む塗料溶液で革を仕上げる方法。
・型押=鞣し革の銀面または塗装仕上げ面を、熱と圧力により革に型付する作業のこと。

LEATHER 革製品のお手入れ

革のお手入れ方法については、USER’S GUIDE をご覧ください。
X, FX, Y, FY革にはForuphを、Z, ZZ, FZ革にはレザーマスターをお使いいただくことが出来ます。
※ただし、Z, ZZ, FZ革への使用につきましては、風合いや色味が変わる可能性がありますので、日常のお手入れは柔らかい布で乾拭きでお願いいたします。
> USER’S GUIDE

LEATHER  ACCESSORY  COLLECTION画像