TANT-TANT lounge & ottomanタンタン ラウンジチェア& オットマン

植木莞爾氏デザインのラウンジチェアが登場しました。1960年代のイタリア・ミラノをイメージしてデザインされたTANT-TANT(タンタン)アームチェアと同様に、どこか懐かしさを感じられる優しい雰囲気が特徴です。空間を遮らない背の高さ、ちょうどよいやわらかさの座り心地、背中のホールド感など、随所にこだわりが感じられます。オットマンは、ラウンジチェアと組み合わせて使うほか、単独でスツールとしても使用可能です。
  • 概要
Brand
ixc.
Designer
KANJI UEKI(植木 莞爾)
Size
ラウンジチェア
W680 × D690 × H705 (SH390, AH545)
¥158,000〜

オットマン
W590 × D500 × H390
¥77,000〜
Materials
<モデル標準仕様>
フレーム=ホワイトアッシュ材(ナチュラル塗装仕上/ブラック塗装仕上)/ブラックウォールナット材・ナチュラル塗装仕上、背・座=木製内部構造・ポリウレタンフォーム、脚端:グライド(ラウンジは前脚のみ)。
▲ PAGE TOP