LC7スウィベルチェア

1929年、パリのサロン・ドートンヌに出展された回転式の椅子です。機能にあった造形美、理に適ったディテールは、テクノロジーを生かした様々な執務椅子がある現代においても、ひときわ輝きを放ちます。クッション風の座のマッシブなバランスを崩すことなく、その中心点に4本の金属パイプの脚を調和させ椅子を回転させる機構を採用。クッション部分の「水平」と金属パイプの「垂直」のシンプルで均衡のとれた構成となっています。
※ニューヨーク近代美術館所蔵作品
  • 概要
  • ギャラリー
Brand
Cassina
Collection
I MAESTRI COLLECTION
Designer
LE CORBUSIER,PIERRE JEANNERET,CHARLOTTE PERRIAND(ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン)
LC7, LC8 and LC9 is designed by Perriand.(integrated into the collection Le Corbusier, Jeanneret, Perriand)
Size
W620 × D565 × H730( SH500)
¥330,000〜
Materials
<モデル標準仕様>

■ フレーム=スティールパイプ・クロムめっき仕上
■ 背・座=モールドポリウレタンフォーム・ポリエステルパッディング・革(黒13X606)
■ 脚端=グライド

【受注輸入】
■ フレーム=スティールパイプ・クロムめっき仕上/カラー塗装仕上(ブラック/グレー/ライトブルー/グリーン/トープ/アイボリー/ブラウン)
■ 背・座=モールドポリウレタンフォーム・ポリエステルパッディング
■ 脚端=グライド
※背・座パイピングの場合、LCX革(ナチュラル13X417/ダークブラウン13X413/黒13X414)からお選びいただけます。この仕様は、上記金額に¥8,000が加算されます。
▲ PAGE TOP