LC14スツール

LC14 CABANONは1952年、ル・コルビュジエが晩年を過ごしたカップ・マルタンの「カバノン(休暇小屋))」用に、妻への誕生日プレゼントとしてデザインしたスツールです。シンプルながらモデュロールを用いた寸法と、各コーナーの「ダヴテール(和名=蟻ほぞ継ぎ)」と呼ばれる台形型の組込みが特徴的。取手を6面に備え、水平にも垂直にも使える非常に機能的なスツールです。また、高さを変えずにひとまわりサイズを小さくし、取手を2面に備えた「LC14 Maison du Bresil(メゾン デュ ブラジル)」は、1959年、パリにあるブラジル学生会館のためにデザインされたものです。
 
※モデュロール(Modulor)
ル・コルビュジエが、人体の寸法と黄金比から作った建造物の基準寸法の数列。フランス語のmodule(モジュール・寸法)とSection d'or(黄金分割)から作ったル・コルビュジエによる造語。
  • 概要
Brand
Cassina
Designer
LE CORBUSIER(ル・コルビュジエ)
Size
CABANON チェスナット材
W430 × D265 × H430
¥124,000

MAISON DU BRÉSIL オーク材
W330 × D250 × H430
¥90,000
Materials
<モデル標準仕様>
本体=チェスナット材・ナチュラル塗装仕上/オーク材・ナチュラル塗装仕上。手掛け穴付(CABANON:6個所、MAISON DU BRÉSIL:2個所)。
▲ PAGE TOP