CLAYクレイ テーブル

ピュアで洗練されたエレガンスをまとうテーブルCLAY(クレイ)は、2015年のミラノ・サローネで発表されました。円錐形のベースの 先端に大きな円形の天板が絶妙なバランスで浮かんでいるようです。手作業で表面に施されるクレイ仕上が、独特の表情を生み 出しています。発表以来、 Iconic Design Award 2015、Good Design Award 2016、the Red Dot Awardプロダクトデザイン 部門2016など、すでに数々のデザイン賞を受賞しています。ダイニングテーブルからサイドテーブルまで、様々な仕様をお選びいた だけます。
  • 概要
Brand
ixc.
Designer
MARC KRUSIN (マーク・クルシン)
Size
【受注輸入】

φ1200、φ1400、φ1600 × H730 / 735 / 745
¥590,000〜

φ1800 × H735 / 745
¥830,000〜

W1600×D1000×H730 / 735 / 745
¥730,000 〜

W1800×D1200×H730 / 735 / 745
¥780,000 〜

W2000×D1200×H735 / 745
¥870,000 〜

W2180×D1200×H735 / 745
¥900,000 〜


詳しくはプライスリストをご覧ください。
Materials
<モデル標準仕様>
天板=セラミック(コンクリート(D85)/アスファルト(D86)/ラヴァ(D87)/デザート(D88)/ホワイトカルチェ(D84))/強化ガラス(グロッシーホワイト(E97)/マットホワイト(E18)/マットグラファイト(E40))/ MDF・クレイ仕上(グレールナコンクリート(D65)、ブラックコンクリート(D66)/ライムストーン(D64)/ラヴァストーン(D67))、ベース=スティールフレーム内部構造・硬質ポリウレタンフォーム・ラッカー塗装仕上(マットグラファイト(B42)/マットホワイト(B62)/グロッシーホワイト( F50))/クレイ仕上(グレールナコンクリート(D65)/ブラックコンクリート(D66)/ライムストーン(D64)/ラヴァストーン(D67))。ガラス天板の厚みは、丸型= 8o、オーバル型= 12oです。
▲ PAGE TOP