721 ANTROPUSアントロプス ラウンジチェア

1948年ミラノのピッコロ・テアトロで上演された最初のコメディ作品の一つが、アメリカの劇作家ソーントン・ワイルダーによる「危機一髪」でした。1952年エルネスト・ロジャースとともに劇場の内装をデザインしたザヌーゾは、この演劇の舞台美術もデザインするよう依頼されます。彼が実験していた新素材を用いた「ANTROPUS(アントロプス)」というアームチェアを劇中にも使用。全体を張り込んであるこのアームチェアは大きく快適なシートを創出するその深い奥行が特徴で、横顔は滑らかな輪郭が美しく優美な佇まいが魅力です。

ORDER

商品名:
721 ANTROPUSアントロプス ラウンジチェア
商品コード:
1CA072101000010
商品の仕様を全て選択してください。
本体
張地ランク
在庫:
受注輸入
*選択した商品の価格が表示されます。
*価格は8%の消費税込みになります。
販売価格
¥507,600〜 ¥864,000
¥507,600〜 ¥864,000