244 MY WORLD/Design by Philippe Starck
このオーセンティックなシステムソファは、人々の生活の中に起こる経験を体現しています。くつろぐ、会話する、食べる、飲む、招く、もてなす、愛し合う、働く、つながりを持つ。MY WORLDは自立した世界を意味し、ソファを中心に生活するという未来を見据えたライフスタイルの提案でもあります。フェザーのクッションが極上の柔らかさと快適さを実現し、エキストラクッションが最大級の寛ぎを提供。縁には上品なステッチが施され、張地はレザー、ファブリックからお選びいただけます。 DETAIL
MARALUNGA 40/Design by Vico Magistretti
身体を優しく包み込むような座り心地とハイバック・ローバックの機能性から、発表以来ベストセラーとして君臨し続けているマラルンガソファ。発売から40周年を記念し、2014年のミラノサローネで新たな仕様が発表されました。エッジに上品なステッチを施すことにより輪郭が強調され、より一層モダンで若々しい印象を与えます。 DETAIL
LC5/Design by Le Corbusier
1934年、ル・コルビュジエが妻のイヴォンヌとともにパリのアパートに引っ越した際、自宅のリビングルーム用にソファをデザインしました。カッシーナが最初に再編集したLC5.Fは背クッションを回転させるとデイベッドに変化するという機能をもっていましたが、こちらはオリジナルデザインを研究して実現した新たな仕様で、背クッションがフレームのベース部分まで続き、フェザーのクッションが更なる快適性を与えてくれます。 DETAIL
P22/Design by Patrick Norguet
クラシックなベルジェールアームチェアのスタイルを踏襲しながら、同時にモダンな印象をミックスし、どこか温かみを残しつつも新しさを感じさせるP22ラウンジチェア。このたび新たにストレートハイバックタイプが加わりました。極上の快適性を供するシートのカーブはそのままに、視界を遮る「耳」の部分を取り払うことでその横顔がすっきりと魅力的に映ります。 DETAIL
NAAN/Design by Piero Lissoni
繊細な表情と堅固なフレームを併せ持つエクステンション型テーブルです。極限まで薄く仕上げた厚さはわずか10mmの天板は、カッシーナ社がこれまでに培った豊富な木工技術と、モダンインダストリアルのデザインを融合して実現しました。今回新しく、片側のみ延長が可能なW1800のサイズ(エクステンション時W2300)がラインナップに加わりました。 DETAIL
ELORO/Design by Rodolfo Dordoni
華奢な木製フレームの背面に厚革を贅沢に使用したベースと、優しく身体を受け止めるフェザークッションが絶妙のバランスで優美な佇まいを見せるELOROソファ。その美しい後姿やフレームの軽快さ、座り心地から、2009年の発売以降多くのお客様に選ばれてきましたが、このたびベース部分にナチュラル色が加わりました。上品な落ち着きで魅せるダークブラウン色に対し、ナチュラル色は温かみのある優しさが際立ちます。 DETAIL
KOBI/Design by Patrick Norguet
伝統的なスチールワイヤーチェアにインスパイアされ、パトリック・ノルゲが新しいタイプのチェアをデザインしました。シェルはスチールワイヤーの編み込み。アルミキャストのサポートベルトがシェルを優しく包み込みます。座面のクッションは3タイプあり、シェルと一体となったデザインが大変美しいチェアです。カラーの組み合わせによって様々な表情が楽しめます。 DETAIL
ELLE/Design by Eugeni Quitlet
エレガントさと快適さを兼ね備えた、様々なシーンでお使いいただけるチェア。シートシェルに使用されているポリウレタンの曲線と少し前傾したアルミフレームのバランスが、デザインに動きと連続性を持たせています。ファブリックや革などのパッディングタイプも選べ、異なる素材の組合せによりシーンや用途を限定しません。2014年コンパッソ・ドーロ賞を受賞しました。
(※今回はプロトタイプの展示となり、日本向けにシート高さを調整し11月以降の販売を予定しております。)
DETAIL
ELLE SOFT/Design by Eugeni Quitlet
エレガントさと快適さを兼ね備えた、様々なシーンでお使いいただけるチェア。シートシェルに使用されているポリウレタンの曲線と少し前傾したアルミフレームのバランスが、デザインに動きと連続性を持たせています。ファブリックや革などのパッディングタイプも選べ、異なる素材の組合せによりシーンや用途を限定しません。2014年コンパッソ・ドーロ賞を受賞しました。
(※今回はプロトタイプの展示となり、日本向けにシート高さを調整し11月以降の販売を予定しております。)
DETAIL
TAORMINA/Design by Alfredo Häberli
シートシェルはテクノポリマーとフレキシブルなポリウレタンフォームのパッディング構造で、SEGESTAチェア同様に包み込むようなアームレストが心地よいチェアです。カバリング仕様になっており、ホームユースにもコントラクトユースにも適しています。 DETAIL
SEGESTA/Design by Alfredo Häberli
インドアユースのスティールパイプとアウトドアユースのステンレススティールパイプの2種があります。テクノポリマー樹脂製の背座は、厚みがあり仕上げも美しく、高級感があります。独特の形状が抜群のホールド感を創出し、大変座り心地の良いチェアです。 DETAIL
SEGESTA WOOD/Design by Alfredo Häberli
高評価を得ているセジェスタの木脚タイプ。テクノポリマー樹脂製の背座は、厚みがあり仕上げも美しく、高級感があります。独特の形状が抜群のホールド感を創出し、大変座り心地の良いチェアです。 DETAIL
HIGHFRAME/Design by Alberto Meda
アルベルト・メダがデザインした世界的なヒット商品。力学的なフレームワークの美しさや、軽くて強度的にも優れ適度な弾力性を持つPVCネットの採用等、デザイナーの力量を感じさせる逸品です。軽量で持ち運びやすくオフィスや家庭の何処でも場所を選ばない使い勝手の良さとバランスを兼備。 DETAIL
HIGHFRAME COLORS/Design by Alberto Meda
力学的なフレームワークの美しさや、軽くて強度的にも優れ適度な弾力性を持つPVCネットの採用等、デザイナーの力量を感じさせる逸品。今年2014年のサローネでカラフルなバリエーションが登場しました。 DETAIL
ROLLINGFRAME/Design by Alberto Meda
HIGHFRAMEの世界的なヒットを受けて開発されたオフィスチェア。HIGHFRAME同様、力学的なフレームワークの美しさや、軽くて強度的にも優れ適度な弾力性を持つPVCネットの採用が特徴。 DETAIL
ROLLINGFRAME COLORS/Design by Alberto Meda
力学的なフレームワークの美しさや、軽くて強度的にも優れ適度な弾力性を持つPVCネットの採用が特徴。今年2014年のサローネでカラフルなバリエーションが追加しました。 DETAIL
FRAME TABLE/Design by Alberto Meda
公共のスペースでもプライベートエリアでも、クラシックでもモダンでも、置く場所を選ばないパーフェクトなデザインです。フレームシリーズは、本質的なデザインと整然とした軽快さが特徴。このたび、カラーバリエーションが加わりました。 DETAIL
AGO/Design by Alfredo Häberli
このテーブルは、天板、フレーム、脚という最小限の部材で構成されています。特徴的な背骨のようなフレームと円鐘形の角度で取り付けられた脚は、安定性と軽快感というデザインを特徴付けています。オフィスでもホームでもシーンを選ばずにご使用頂ける汎用性を持ったテーブルです。 DETAIL
< MENU